Yuriko Oyama Exhibition2015 / Avant 5h00

イラストレーターであり、自身のブランドa cloudy dreamのデザイナーでもある、

おおやまゆりこ氏の個展のスタイリングに携わらせて頂きました。

今回はダークでヌーディな雰囲気をご希望されていたので、

落ち着いたトーンを意識した大人っぽいスタイリングに仕上げました。

avant5h00-11

彼女の描く女性は凜としていながら、

色っぽさもあり、見ていてどれもドキドキさせられます。

avant5h00-12

avant5h00-1

avant5h00-3

こちらの照明はドライフラワーを駆使して

イメージに合うように私が作成したものです。

タイトルの「Avant 5h00」は「明け方5時前」という意味で、

こちらの照明に貼ってあるメモは、

彼女のカリグラフィーによって、女の子が今日1日、これから何をするかが書いてあります。

avant5h00-6

avant5h00-9

こちらの什器はダークテイストに合わせて

オイルステイン仕上げをしています。

avant5h00-7

avant5h00-8

avant5h00-2

avant5h00-10

今後も展示会を控えており、多忙のおおやまさん。

今回はお声をお掛けいただいて誠に有難うございました。

彼女の作品はHPでもご覧いただけます。

a cloudy dream

おおやまゆりこ
東京出身。2012年頃より、フリーランスのイラストレーターとして 活動を開始する。
イラストレーションは、鉛筆と水彩、墨などを用いて描かれ、
主に女性を描くことを得意としている。
イラストレーターとして活動する一方で、
同時期に”A Cloudy Dream” (ア クラウディ ドリーム)として、
モノづくりのブランドを発表する。

A Cloudy Dreamでは「イラストレーションで描かれている女性が身につけるアイテム」
というコンセプトのもと、
ジャンルを問わない自由な表現を目標に、
現在はアクセサリーを中心としたプロダクトを展開している。
アクセサリーは、デザインから製作までを全て自らの手で行っている。
モノを通じて、「世界観をおすそわけする」という考え方のもと、制作している。
A Cloudy Dream では、リアルファーやレザーは一切使わず、
また動物実験にも反対するクルーエルティーフリーのものづくりを、という考えを持つ。

 

 

TumblrTwitterPinterestFacebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です