Van Gogh & Smith Tea

ゴッホとスミスティ。
 全然関係ないと思っていた2つが交わった瞬間があった。
2015-05-27 12-00-18

「ゴッホは色盲で、精神状態が不安定だった」と同じく不安定な旦那が教えてくれた。

ゴッホといえばひまわり。それ以外のことは全く無知だった。

詳しく知らないから、勝手に「幸せな絵を描く人」だとばかり思っていた。

黄色を使っているし、花を描いている。

でも、聞くとゴッホは壮絶な人生を送り、とても正常な状態ではなかった。

ゴッホは最期自殺をしている。

今や何十億円と値がついているが、絵が売れだしたのも死んだあと。

後味の悪い知識だった。

2015-05-27 13-06-10 (1) 2015-05-27 13-33-52

2015-05-27 14-02-48

話はかわって、大好きなお茶がある。

SMITH TEAMAKER(スミスティーメーカー)。ポートランドで一口飲んで惚れてしまった地場のハーブティだ。

特に好きなブレンドはNO.67のMEADOW(メドウ)。

英語でメドウとはお花畑の意味だが、その名の通り、まるでお花畑のような、複雑な味がする。

カモミール、レモンマートル、ルイボス、ヒソップ…他何種類ものハーブが絶妙にブレンドされている。

スミスティーメーカーは味もパッケージデザインもこだわっていてかっこいい。

特に、小分けされたティーパックの裏には「沸騰したお湯を注ぎ、数分お待ちください。」とあるのだが、

ブレンドによって「なにをしながら待つか」が指定されている。

例えば、NO.72 WHITE PETAL(ホワイトペタル) ブレンドは

 「沸騰したお湯を注ぎ、生花をしながら3分お待ちください。」

NO.39 FEZ(フェズ)ブレンドは「沸騰したお湯を注ぎ、トルコ帽をかぶりながら3分お待ちください。」

そして、一番好きなNo.67 MEADOW(メドウ)ブレンドは

 「沸騰したお湯を注ぎ、アルルでゴッホが絵を描いている真似をしながら5分お待ちください。」とあった。

ゴッホとスミスティ。異質なものが一緒になった瞬間だった。

2015-05-27 12-36-39
2015-05-27 13-49-23

2015-05-27 12-46-04
 



 

TumblrTwitterPinterestFacebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です