DMメイキング

2016年Me alice GRANDMA展のDMメイキングについてご紹介します。

 

表紙のグラフィックは木村文香。

写真撮影・スタイリングは野口綾美と秋山麻衣子。

mag%e5%b1%95%e7%a4%ba%e4%bc%9a%e7%94%a8_4281_0
中のプロフィール漫画は豊野智穂。

mag%e5%b1%95%e7%a4%ba%e4%bc%9a%e7%94%a8_7883_0

4コマ漫画は小倉ももこ。

(4コマ製作に伴うコンセプトの説明記事はこちら

mag%e5%b1%95%e7%a4%ba%e4%bc%9a%e7%94%a8_871_0

裏表紙のグラフィックは増田奈美。

mag%e5%b1%95%e7%a4%ba%e4%bc%9a%e7%94%a8_4295

表紙の写真のスタイリングは、様々なリボンを取り入れました。

mag%e5%b1%95-%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99_3725
この展示会ではいろんな女子クリエイターが集まっていることに着目し、
何かを作る瞬間の表現を試みます。

「女子」は「かわいらしさのあること」
「つくる」は「手を動かすこと」
リボンは 結ぶ、切る、縛る、丸める、なびく、つまむ、女の子っぽさの象徴 など、
いろんな要素が含まれていることから、この素材に決まりました。

展示のテーマは「色」ですが、色への意識はDM作りから始まっています。
メインのカラーはピンク色。
偏見かもしれませんが、女子といえば、ピンク。
本当にかわいい色というか。
「私女の子よ〜!」とバシバシ主張してくる色のように感じます。

少し、女子すぎるのではないかと迷うも、使い方が重要だと気がつきます。
ピンクといっても様々な表情があり、
使い方次第でハッピーな色にもなるし、寂しい色にもなります。
私たちのプロジェクトはものづくりの方向性に迷いや葛藤も要素としてあるので、
影のあるピンクというか。霞がかったピンクというか。。
落ち着いた色味を意識しました。

素材についても考えます。リボンは木馬のもの。
ここのリボンは色、質感のバリエーションが豊富で、
麻・サテン・リブ処理のかかった様々なリボンをセレクションします。
(木馬のショールームは浅草橋にあり、一般の人でも購入可能です。
リボン好きな人におすすめです。)

小物は、ものづくりをする人(=出展者)を象徴するモチーフを入れています。
切る(ハサミ)、食べる(フォーク)、巻く(糸巻き)水彩(小皿)、
写真(ガラスレンズ)、アクセサリー(パールと羽根)。
そこに手を入れて動作をだしました。
キラリと光るけれど甘すぎない印象になっていれば本望です。

port20160811-img_9786

撮影は天気の良い日に西荻窪カイテンで行なわれました。
こんな風に・・・。

mag%e5%b1%95-%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99_7269_0

DMにも是非着目してみてくださいね。
ではでは、展示会場でまってま〜す!

TumblrTwitterPinterestFacebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です