意味のなさない創作活動

いつもなにをするにも意味を求めてしまう私にとって、

とくに芸術性にすぐれているわけでもなく、

金銭的価値があるわけでもない。

ただただ意味なく思ったくだらないアイデアを形にして写真に収める記事を作ってみることにした。

20160403-CM4A8620  20160403-CM4A8628

この記事をつくるきっかけは社会、自分自身の問題提起から始まった。

 

かつてスタイリストを目指した私はいかに小物を空間に置いて魅力的にするか、

創作活動を続けてきた。はじめは楽しく、日々向上する自分に陶酔していた部分もあったが、

ある地点を通り過ぎると、自分がやっていることはとても虚しく、意味がないように感じてきた。

 

気がついたらそれっぽくものを並べることができるようになった自分はいるが、

並べられたものを前に、その先の価値はそれ以上でも以下でもないと感じた。

それは、美しさに優れているわけでもなく、すごく金銭的な価値があるわけでもない。

伝えたいメッセージがあるわけでもなかった。

楽しいだけで創作するのもどこかしっくり来ず、

それ以上の意味を求めている自分がいた。

全く困ったことであり、手が完全にとまっていた。

 

そこで、Me alice GRANDMAの「実験的に表現する場」を借りて、

意味の抜け落ちた創作活動とわりきって記事をつくり、

とまっていた手を動かしてみることにした。

20160403-CM4A8652 20160403-CM4A8666 20160403-CM4A8669

20160403-CM4A8680

20160403-CM4A8706

結果、これらの写真をとってから2週間経って。

振り返って。

この記事はなにか与えてくれたのかなって考えるのだが、

我ながらよくわからない写真をとってしまった(笑)後悔がある。

一旦封印しようとしたのだけれど、

これはこれとして。

恥さらしだと思いながら、いつか、もしかしたら、

自分にとって意味がある記事になることを期待して。

ここに記録をしておくことにした。

20160403-CM4A8684 20160403-CM4A8688 20160403-CM4A8689

TumblrTwitterPinterestFacebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です