(DM撮影)中矢嘉貴「木肌と白」

秋山麻衣子と野口綾美で、ギャラリーみずのそらで行われた中矢嘉貴「木肌と白」展の

DM撮影を撮影させていただきました。

http://www.mizunosora.com/event189.html

 

中矢さんの作品は照明や器など、木肌が美しく、一つの木材から

木を削り出して作品がつくられています。

器の作品も素敵ですが、今回のDM写真に選抜されたのはペンダントライトと置き型の照明でした。

木肌の上に上品な質感の白が塗られています。

消灯時は白っぽく見え、点灯時は内側から照らす光が作用し、照明が赤っぽい表情に。

「点灯、消灯時の違いがわかるように撮ってください」

というリクエストのもと、構図から決めていきます。

mizunosorastyling

今回光源を外にも設け、光を照明に照らしながら撮影に挑みました。

光をあてる位置によって現れる木の表情と変化が面白いです。

20160124-CM4A8300

これはUFOみたい。

20160124-CM4A8303

少し、白い木目がみえてきました。

20160124-CM4A8299-2

これだと消灯時、点灯時のそれぞれの表情がわかりやすくなります。

——————————–—————————————————————-——————————-

上記写真は去年野口綾美と秋山麻衣子で行っていた期間限定(2015年4月〜2015年12月)

の作家スタイリングプロジェクトの一環として撮影させていただいたものです。

TumblrTwitterPinterestFacebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です