get sunshine

「光を浴びて」

晴れた朝
陽の光をあびて 歩く

あなたのもとへ いきたくて
追いかけていこうとした
けれど足がすくんで
立ち止まることしかできず…

悲しい歌詞が聞こえてくる
あたりは少し寒いけれど、太陽に守られている私は
悲しくもなり、なんとか明るさに守られて暖かい

あなたへ届けばどれだけいいか
あなたにいま会いたい…

力強い声が聞こえる
あの人は誰だろう
発音が少し懐かしい
こんなにも晴れているのに 少し泣きそうになる
でも悲しすぎない

なんて 力なのだろう

なんて響く歌声なのだろう

私は晴れた空
今のあなたを見ることは叶わないけれど
祈っています

なんて、気軽に思いながら先を急ぐ

私にも会いたい人はいる
今日会えるかなんてわかならないけれど
それだけで心が踊る
今日の青空がより綺麗に見える
私もあんな風に歌えたら
あなたにもっと近くのかな


あなたと会いたい人は近いようでとっても遠い
あなたの存在がたまに とても重たくなる
勝手なわたし
勝手なわたし

それでも今日、私は会うことのできる会いたい人へむかっていく
青い空 白い雲 ずるいわたしをのせて…

image

こんにちは、久世有華です。

寒い日々が終わり少しづつですが暖かくなっていきました。

ある朝のこと、聞きなれていた音楽が突然力を持ちました。

本当になんてことのない朝だったのに、突然悲しみだったり励ましだったり、ものすごく大きな力が私の心を揺さぶりました。

なんだったのか、何が原因だったのか。

未だにわかりませんが、その日の朝ようやく自分が頑張っていたことに少し疲れていたのだとわかりました。

ただ、目標のままにがむしゃらに歩んでいたので、マイナスな気持ちが思いつかないような身体になっていたのです。

すごい勢いで悲しみと楽しみといろんな感情が入り込んできて、すごい勢いで書き上げたのがこの文章です。

今はあまり音楽を聴かない自分になっています。

たまに聴くとこういうことがおきるんだなと考えたり、もっと新しい音楽を知っていきたいな、幅を広げたいなと思っています。

たまには私の大好きな音楽の紹介もさせていただきます。

TumblrTwitterPinterestFacebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です